GameDays

FF14やTLPTのニコ生配信感想など

第10回大会 決勝

千原ジュニアの分析しかやることない

8945 1-0

6743 0-1

0125 2-1

SLASH⇒5

3105 2-0

この時点で残る選択肢というのは

2165の1択だったんですよね

1265 2-2 千原ジュニアのコールミス

2165 4-0

Numer0nTVでの解説通りですわ

それ以外に詳細の書きようのない戦い

では、無謀に梅田の分析をしてみますかw

2165 1-1

2156 1-1

放送内で中田が発言していたように、どれも可能性があって絞れません

わかったのは2と1のいずれかがEATであるというだけです

2103 1-1

2と1のいずれかが1EATで確定ではあるものの

0と3の1BITEがあるため、ここでも消せる数字がありません

4789 1-1

この時点ですべての数字をコールしましたが

すべての数字に可能性があるというまさに最悪ともいえる展開

SHUFFLE

8129 0-2

結局梅田は1つも可能性を消すことができずに惨敗です

敗因は2ターン目で2156のコールをしたこと

3ターン目で2103のコールをしたのが一番の敗因ですね

これが原因で1個も数字が消せなくなりましたから

4桁の戦いは消去法で特定をさせていったほうがいいのですが

2と1を残してコールしたことによって大混乱を引き起こす最悪の展開になりました

もっとも、ここで1BITEが消えればよかったのですが

1EAT1BITEのままでしたからねぇ

ならば、3ターン目は未コールの6つから4つを選択して

コールをしておくべきだったでしょう

4桁戦ではローラー作戦が本当に有効なんだなと改めて思いますね

3/21 1:22 加筆修正

2ターンよりも3ターン目のほうが原因ですね

広告を非表示にする