GameDays

FF14やTLPTのニコ生配信感想など

Numer0n 第12回大会 予選A Game3

斉藤は終始冷静になれば割と強いのねw

それを感じた一戦

まずは斉藤の分析から

ひとりの設定ナンバーは570

816 0-0

520 2-0

TARGET⇒4⇒UNUSED

このTARGETの使用は意味不明です

結果的にこれが功を奏したともいえるのですが

920 1-0

523 1-0

570 3EAT

結果的にはTARGET4が機能しました

3・4ターン目のコールで5と0の使用と位置がこれで判明します

そして、これまでのターンで1・2・3・4・6・8・9の未使用が自動的に決まります

つまり、今までコールしなかった7が入っていることが判明します

4ターン目終了時点で斉藤の選択肢は570の1択のみでした

次に劇団ひとりの分析

斉藤の設定ナンバーは519で3がロスト

258 0-1

816 1-0

804 0-0

丸腰で挑む際のオーソドックスな戦法ですね

完全にローラーでいくパターンと1つの数字を決め打ちで行く方法

今回は8を決め打ちで行ったら3ターン目で0-0

斉藤の使用数字は2or5・1or6・7or9となります

もっとも、斉藤は先攻で4ターン目のコールで残り1択に絞り込んでいましたが

SHUFFLE⇒951

751 2-0

これで残る可能性は、756・951・721の3択というところまで数字を絞り込んだものの、斉藤が冷静に次のターンで570をコールして敗北となりました

再び大パニックになるかと思っていたけど、2戦目というのもあって斉藤は冷静でしたね

この冷静さが青木戦でもあれば、斉藤が決勝に進んでいたでしょうに…

広告を非表示にする