GameDays

FF14やTLPTのニコ生配信感想など

第10回大会 予選B Game2

まずは梅田側を分析

981 0-1

567 0-0

HI&LOW⇒L-H-L

HI&LOWの結果と1・2ターン目の結果からHIが9で確定

また、1ターン目の結果が0-1なので1の使用もありえない

残る可能性は0・3・4で

093・390・094・490・394・493の6通り

ならば、3ターン目にこの6パターンからコールすれば3EATの可能性があり、

外したとしても次で仕留める事が可能になる。

もっとも、これをやると4ターン目にSHFFLE使用されたでしょうが

しかしながら、梅田の3ターン目以降のコールは以下の通り

891 1-0

231 0-0

094 3-0

これに関してはNumer0nTVのほうが詳しいので、詳細は譲りますが

正直、効率的な攻めではないですね

094を外せば次でSUFFLEが確定だったと思うので、負ける可能性も高かったと思います

というのも、大吉側からも分析してみると

987 1-0

HI&LOW⇒H-L-H

517 1-0

023 1-0

この時点で2が確定し、5がEATだとすると1ターン目の1EATは9でなくてはならない

そうなると5と9が100の位となり、理論が破綻するので1・2ターン目のEATは7

1・2ターン目の結果から5・8・9が使用されていないことも確定

残るHIの数字は未コールの6で、位置は100の位で確定する

すなわち、残りは627の1パターンのみ

4ターン目SHUFFLEで残りは6パターン

672 1-2

3つ確定のSHUFFLE後で1-2は最悪のパターンですね

これで残る可能性は1/3

次で仕留め損ねても、その次で決めることは可能なので

5ターン目コール前にSHUFFLEを使用すれば勝てた可能性があります

相手が50%を外したら使うつもりだったのでしょうか?

さて、ここからは仮定の話

梅田が3ターン目に先述した6つの候補からコールした場合

大吉は4ターン目でのSHUFFLE使用が確定

ここから仕留める場合、最大で3ターンなので最大で6ターン目で決まる。

結局のところ、梅田有利は変わりはなかったですね。

広告を非表示にする